VOCALOG

第二回 DTMをはじめよう! Studio One Prime導入編

どうも、瑞希です。第二回。
前回予告した通り、今回はStudio Oneの無料版「Studio One Prime」のインストールからセットアップまでをお話いたします。

最初に記しておきますが、PreSonusのサイトは時々つながりにくいことがあります。
何回か更新すれば見れるようになりますので、お気を付けください。

では、本題です。
大まかなフローは以下の通り。

  1. アカウント作成
  2. PreSonus shopへアクセス
  3. Studio One Primeのインストール

なんと3ステップでダウンロードまでが完了します。簡単。

アカウント作成

まずStudio Oneの作成・提供元の会社「PreSonus」のホームページへアカウント登録しなければいけません。
海外の会社なので初めて見たときは圧倒されて敷居が高く感じてしまうかもしれません。
しかし、今回のこの記事でしっかり解説いたしますのでご安心を!

PreSonus

さて、上記のURLからPreSonusのページへ飛ぶと、
ログイン・アカウント作成画面へ移行します。

account-create

↑の画面の「My.PreSonusアカウントの作成」をクリックすると、

sign-up

こんな画面が出てきますので、案内に従って入力。
もしくはGoogleやFacebookのアカウントとの紐付けもできますので、お好きな方をどうぞ。

アカウント登録をすると、登録時に記入したメールアドレスへ確認メールが届くので認証。

以上でアカウント作成は終了です!

PreSonus Shopへアクセス

手順1を最後まで終わらせたあなたは、
いま目の前にMyPreSonusのページが開いていると思います。

そのページは一旦置いておいて、新しいタブで次はPreSonus Shopへ飛びます。

PreSonus Shop

このURLにアクセスできたら、
画面上の黒い帯の中のSoftwareという文字をクリック。

shop

そこには、PreSonusが発行しているソフトのパッケージイメージが並んでいます。
その中の左端、Studio One 3をクリック。

すると、またもやStudio One 3 のパッケージが2つ出てきます。
これは、右側のStudio One 3 Digital Downloadをクリック。

そして次は、パッケージが5つ表示されます。
その中にStudio One 3 Primeの文字がありますね!

ついにお目当ての製品にたどり着きました。
Add To Cartをクリック。

in-your-cart

こんなポップアップが表示されるので、Proceed to Checkoutをクリック。

その後、手順1で開いておいたMyPreSonusのページをF5で更新し、
画面上の黒帯からMyプロダクトへ。

myproduct

↑のソフトウェアをクリックすると、

studio-one-3-prime

恐らくこいつがいるはずです。
いなかった場合は、Add To Cartからやり直すか、ページの更新、もしくは時間を置いてから再度挑戦をお願いします。

私も、Proceed to CheckoutをクリックしたのにMyプロダクトに登録されてねえ……! と苦戦した覚えがあります。
根気よくいきましょう。

※ここから先の解説は、私のアカウントでは購入からセットアップまで全ての工程が終了している為、
画像含め完全な初導入の再現はできません。ご了承ください。

3.Studio One Primeのインストール

お待ちかね、インストールのお時間です。
上記のStudio One 3 PrimeのダウンロードWindowsインストーラーをクリックするとインストールが始まります。

※MacOSの場合は、おそらくダウンロードOS Xインストーラーとなっていると思います。
私はWindowsユーザーなので、ここからはWindowsを前提とした解説をしていきます。

インストーラーの案内に従っていくと、最終的にデスクトップ(もしくは任意の場所)にStudio One 3 Primeとの表示のある.exeファイルが出来上がると思います。

これをダブルクリックすると、いよいよStudio Oneの起動です!

と、いいところですが、今回はここまで。

次回は、Studio Oneのセットアップから簡単な操作までを書きたいと思います。

今回もありがとうございました。

DTMをはじめよう! バックナンバー

第二回 DTMをはじめよう! Studio One Prime導入編にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!