VOCALOG

おもちゃロボット / ピノキオP

おもちゃロボット / ピノキオPの歌詞

ぼくはといえば 乾いた泥と砂に
軋む手足で 君を待っている

大手メーカーのアレじゃなくて
聞いたこともない名前のぼくが
いつも猫背で 靴紐も結べない
小さな君と出会った

泥水溜まりでの水中戦
空を飛べよと放物線
満面の笑顔を浮かべる君のために
こんなに ボロボロになった

ぼくは しがない おもちゃロボットだよ
君に遊んで貰うこと それだけが
もしも 瞬間の輝きだとしても
なんて いとおしき幸せ

やがて何億 何兆 何京もの ぼくの代わりが現れて
そっぽを向いた 君を取り戻すために
色々 手を尽くしたかったけど
 
何も出来ない おもちゃロボットだよ
新品の光に押し出され 箱におさまって
君の笑顔より 丸まった背中を見るほうが
増えてしまった

そして 気づけば君は
背筋を正し 靴紐もちゃんと結べるようになった

よかった 

でも ロケットパンチを出せたら
何か間違って価値がついたら
もう一度 振り向いてくれたかな

ぼくはといえば
くすんだ星空の下 ゴミの山に埋もれて
君を待っている

ぼくは しがない おもちゃロボットだよ
君に遊んで貰ったこと それだけが
もしも 瞬間の輝きだとしても
なんて いとおしき幸せ

誰にも愛されなかったおもちゃが
ぼくにこう言う
「本当にそれで君は幸せだったの?」
ぼくは何も言えずに 星空の向こう
君の笑顔を映し出していた

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!