VOCALOG

ぼくにピアノを弾かせて / ひなた春花

ぼくにピアノを弾かせて / ひなた春花の歌詞

好きだなんて言わないから
届けなんて思わないから
忘れてしまっていいから
どうかぼくにピアノを弾かせて

昨日ケーキ屋の前で
きみの姿を見かけたよ
後から追いついた男に
きみは優しく微笑んだ

何も言えずにいるぼくの
前をきみが通り過ぎる
楽しそうなきみの笑顔
向けられたのはぼくじゃない

きみを知って毎日がしあわせだった
今度はきみがしあわせになるんだね

好きだなんて言わないから
届けなんて思わないから
忘れてしまっていいから
どうかぼくにピアノを弾かせて

きみのために書いた曲も
きみのために歌った唄も
きみに知られず捨てられることを
しあわせに思うんだ

最後にこの手に残った
指に馴染んだペン軸を
ふたつに叩き折ろうとして
出来ず譜面台に戻す

しあわせなきみの隣 あいつが歩く
だけどほんとはぼくがそこにいたかった

言葉にしたら嘘だから
思い出にはできないから
聞いてくれなくていいから
どうかぼくにピアノを弾かせて

きみを想うセレナーデ
ぼくに捧ぐレクイエム
オブリガートは雨の音

「きみのことが…」

”好きだ”なんて言えないから
きみがぼくを忘れたとしても
この歌が永久になるように
ぼくにピアノを弾かせて

ぼくにピアノを弾かせて…

ぼくにピアノを弾かせて / ひなた春花にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!