VOCALOG

クロライドに没む / millstones feat. 初音ミク

クロライドに没む / millstones feat. 初音ミク の歌詞

静かに降り続ける真夏の雪
明日も未来も 白の隙間に没んでゆく

壊れ歪んだ空の慟哭が
光のように街を満たした
砕けた夢と痛みを忘れて
生かされる抜け殻の命

失意と憂いに彩られた街
暁に染まる
果てなく続く白の荒野

時を止めたこの目からこぼれ落ちた涙でさえ
その乾いた身体をもう潤してはくれないのだろう

明日を失くしたのなら
この先に何を視れば良いのだろう
出口の無い迷路と
白い海に没む

温もりはただ緩やかに尽きて
握る手は崩れ落ち溶けた
細く掠れた優しい嘘が
呼び起こす 忘れた痛みを

抱き寄せた背は腕をすり抜けて
夢はもう砂のように消えた
諦めた世界 二度と戻らない
時の先を視ることも無い

やがて朽ち果てるなら
この場所で混ざりあって共に眠る
君といつか望んだささやかな永遠

冷たい静けさだけが
この場所に花を手向けてくれるだろう
何もかも飲み込んだ白い海に眠る

クロライドに没む / millstones feat. 初音ミク にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!