VOCALOG

スタートライン / halyosy feat. IA

スタートライン / halyosy feat. IA の歌詞

頭上に見つけた綿雲は
いつもと変わらずに

突然の影青い空に雲
季節の音がうるさいくらいだ

意気地なしの鼻歌が混ざって
記憶をまた奥へとしまったよ

なぜ 笑顔は
薄れてはくれないんだろう

伸ばした手のひら 滲んだ汗が
恥ずかしくなって 引っ込めたんだ

バカだな。
歩き出した儚い背中に
「好きです」と呟いた
「なにかいま言った?」って聞かれたかった

頭上に見つけた綿雲が
あの時と似てるような気がした

何も知らない自分と違って
君は何でも知っていたんだね

まだ同じ様に歩けない
どうすればいい?

涙をすくってくれた優しさに
何も言えなくって
ほんとにごめん

バカだな。
赤らめて頬を夏のせいと
バレバレにごまかした
「なんでもないよ」と嘘をついたよ

通り過ぎた夕立ち雲に
終わったはずの日を見ていた

それでも君は 微笑む
過ちをまた 繰り返す
限られた時 無駄にして 傷ついて
こんなのやだよ

「きっかけを望むだけでは 歩き出せてないんだよ」
雨が止む頃にまた
もう一度
スタートを切ろう

伸ばした手のひら 20cmの
向こう側だって 震えてたんだ

バカだな。
歩き出した二人の背中を
夏風が撫でて行く
「ありがとう」だなんてこっちの台詞さ

La la la…

スタートライン / halyosy feat. IA にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!