VOCALOG

ステラ / Dixie Flatline

ステラ / Dixie Flatline の歌詞

例えば過去のある地点に あなたを戻してあげましょう
愛が失われる前の 星の瞬くあの丘に

なんて変な夢 こんな深夜3時に起こされて
眠れなくなって コート取って 階段駆け下りる
なんとなく避けてた 神社灯籠 すり抜けて
夜を見下ろす公園 直前で足が止まる

胸が苦しいよ こんなに時が経っても
あの日あの時交わした 言葉の鎖
綺麗だよ 見えるかな 不意に零れた
言葉は解(ほつ)れていく 夜の向こうに消えてく

星空が 落ちてくる
澄み切った 冬の街に

凍えたとき 繋いでくれた 暖かいその手の温もりも
日が暮れるように 少しずつ 胸の中から消えていったの

そうね ずっと前に済んだ そんなこんな終わりの終わり
君の居ない生活も すっかり慣れたけど
思い出したくないよ そんな事分かってるのに
なんで二人で来た こんな場所にひとりきり

心が消せないの 壊れてしまいそう
大事な大事なものを 無くしてしまったの
遠く離れて 全て終わって 気づいたの
君は今どこにいるの もう忘れてしまったの

星空が 落ちてくる
澄み切った 冬の街に

君と喧嘩してさ 君とキスしてさ
君と抱き合って眠りたい
君と笑えないと 君と泣けないと
歩き出す先なんてどこにもない

胸が苦しいよ こんなに時が経っても
あの日あの時交わした 言葉の鎖
綺麗だよ 見えるかな 不意に零れた
言葉は解(ほつ)れていく 夜の向こうに消えてく

消せないの 秘めた願いを
消せないの 星に願いを

消せないの 秘めた願いを
消せないの 星に願いを

ステラ / Dixie Flatline にコメント

:3

匿名

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!