VOCALOG

スノーフェアリー / ゆちゃ

スノーフェアリー / ゆちゃの歌詞

灰色の空に 白銀の世界で
体温を持たない 私は生まれた
妖怪と呼ばれ 避けられ 嫌われて
心を無くした 私が生まれた

それで別に構わなかったの 少しだけ寂しいけど
もしあなたに出会っていなければ 何も知らないままでにいたのに

どうして 思い出すの 忘れる事が出来ないの
貴方が頭から離れない
だけども こんなに辛くて痛いのに 声を聴くだけで
私の心が満たされていく

雪山の中で 倒れる貴方をみた
近くにいたくて 私は助けた

やがて目覚め 私に気づいて 一つ言葉を投げる
ただありがとうと言うだけでもう 終わりになればよかったのに

どうして それだけで 物足りなくなってしまったの
もう少し近くにいたかった かすかに
体に触れて気づいた 温もりのない私に
窓の外の雪が止んでいた

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!