VOCALOG

パイロキネシス / saiB feat. 初音ミク

パイロキネシス / saiB feat. 初音ミク の歌詞

ミライそうして
彼は九時頃逝った
沙羅双樹
僕は彼を見つめてた

現にそうして
彼は四時頃言った
撫ぜる度
淫らに吐息を吐く
彼の
赤茶けた脳が
奏でるリート

生まれる熱は
世界を溶かす
パイロキネシス
遠い雨雲達はそして
間色にて死す

貝にもなれず
僕は廃にもなれぬ
背もたれる
彼の頬を伝う雨

雨にもまれる
僕は
雨にはなれぬ
アマオトは云わば
熱を帯びた路線を走る
竃馬の生の鼓動

愛さえも
無力と化すこの熱暴走
花は色落ちて
消えゆくはラヴェルの調べ

消えゆく彼は
己を燃やすパイロキネシス
遠い雨雲達と
指絡ませ
花は咲く

パイロキネシス / saiB feat. 初音ミク にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!