VOCALOG

ブルームーン / 虹原ぺぺろん

ブルームーン / 虹原ぺぺろんの歌詞

蒼い月の光 背に受け
ゆっくりといま歩き出す
やがて夜明けを見つけたら
君に何かを伝えたい

「願い事はなあに」 口を噤んだ
君の優しい言葉 胸を刺すから
出会いは突然で覚えていないけど
ただ一つ残した 胸の温もり

長い夜を重ねて 互いを理解して
分からなくなることもあるよ
いくつ朝が来ても

君は一人で生きてゆく
それを悲しいと思わないで
廻る季節の正確(たしか)さを
その目と心で感じて

蒼い月の光 背に受け
ゆっくりといま歩き出す
やがて夜明けを見つけたら
君に何かを伝えたい

涙さえ誘う嵐の果てに
また一つ残した 遠い日の声

少しずつ失うよ 些細な感情の意味
どこにも行けないのに
君は大人になる

どんな夢の儚さにも
いまこの時を見つめているよ
緩やかに変わる世界を
その目と心で感じて

浅い眠りにつくように
静かな安らぎの中で
君を信じてみたくなる
この先も変わらずに

あの頃の僕たちは どこにもいないけど
ただ一つ変わらない
あの月を想った

君は一人で生きてゆく
それを悲しいと思わないで
廻る季節の正確さを
その目と心で感じて

蒼い月の光 背に受け
ゆっくりといま歩き出す
やがて夜明けを見つけたら
君に何かを伝えたい

ブルームーン / 虹原ぺぺろんにコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!