VOCALOG

ラウジーカ / saiB

ラウジーカ / saiBの歌詞

触れた指の先 もう忘れたはずの ソレがそこに眠ってた
どどどどどど どうやら
昨日二時半頃 金猿に抱かれ 歩く君を見たせいらしい
らしい

最後のチャイムで ぱっぱららっぱらら
あの日にすべて 忘れたはずが
心から剥がせない

あの日 愛が形なして 生まれた三つの吹き出物
気づかぬうち膨らんで 真っ黒なウサギになった
いつの間にか僕の 足りない頭も消えちゃって
気づけばこのウサギに 操られていた

図書室が居場所 そんなところも 僕と似ていると感じてた
窓側左斜め奥の
席に座る君はとても遠く 話しかけることすら
できずいた

ああ 時は過ぎ 君はアカ抜けて
知らない影に囲まれ 消えた
ウサギが泣いた

その綺麗な黒髪に 日に日に赤が混ざり出して
僕は黒い図書室で 愛の終わりを感じていた
指先まで黒の 僕に赤が混ざることは
どんなに叫んだって もう二度とないの

赤に染まった僕の背を 見下ろす僕は笑っていた
さよなら 愛しき人よ その日からこの霞立つ
街にふわふわりと さまよい続けて早三年
君は知らぬ誰かと 虹を描いてる頃だろう

ラウジーカ / saiBにコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!