VOCALOG

一丁目ゆきみ商店街 / yukkedoluce

一丁目ゆきみ商店街 / yukkedoluceの歌詞

「来てしまった」ってお前が笑う
むかしなつかしの笑顔だ
あの駄菓子屋はまだあるかな
きっときっとまだ元気だろう

いつものように待ち合わせた
あの大きな坂を登り切ったら
100メートルもないような
派手な看板似合わぬ商店街

おれもおまえも息なんかきらしちゃって
すっかり年をとったなって
おれらそんな年喰っちゃいないぜって 登り切る坂

もうここはなくなってしまったね
むかしのように笑うことも許されないでしょう
ああいつかは消えるって知ってた
でも僕の中のコレはずっとココにあるでしょう

次はいつ会えるんだろうな
三年後にでも会えりゃいい方だろ
次までにどっちか死んだりしてさ
そんな物騒なこと言うんじゃねぇ

空をただただ漂っていく雲のように
管を通う血液のように
分かれ道の果て消えてゆく
運命さ

五年も経って久方ぶりに おまえに連絡とってみれば
おいよせよ ずいぶんはえぇじゃねぇか
おいまてよ

もうおまえはいなくなってしまったね
むかしのように笑うことも許されないでしょう
またいつかは笑えるって思ってた

微笑むように声もなく消えてった

ああ全部なくなってしまうんだね
むかしのように泣くことも許されないでしょう
いつまでも在るって信じてたけど
微笑むように声もなく消えてった

でも僕の中のコレはずっとココにあるでしょう

消えないでしょう

増えていくでしょう

笑えるでしょう

一丁目ゆきみ商店街 / yukkedoluceにコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!