VOCALOG

仮病少年(仮) / シメサバツイスターズ feat. 初音ミク

仮病少年(仮) / シメサバツイスターズ feat. 初音ミク の歌詞

本日は晴天なり なのに憂鬱な朝
小学校行かず 寝ていたいな

宿題やってない 友と仲違い
先生は無関心 なんてこの世はめんどくさい

体温計 布団にこすり付け
37度 捏造して
医者にかからぬ程度の熱で
演技派 幼い役者 LIAR GAME

弱弱しい声 腹から咳きこめ 布団の模様の一点を見つめて
健康なくせに 薬飲み干せ チワワのように身体を震わせ
母親の顔色が だんだんと 心配そうな色に染まってきたなら
タイミングをはかりながら言ってみよう

(サビ)
「今日休んでいいかな…?」
罪悪感と高揚感に満ちた変な気持ちで 少し眠ろう
ぼく一人悪い子でも世界は変わらず回るから
なんて言い訳を天井に描いて

結局 昼 目が覚めて
冷えピタも剥がれて
ゴロリ うつ伏せ 仰向け
欲望がふつふつふつと

布団にもぐって ペンライト付けて お気に入りの漫画を熟読する
ペラペラめくる 紙ズレの音 母親の耳に届かないように
イヤホン片耳 ゲームボーイもしよう 主人公のレベルはあがるけれども
ぼく自身の学力は止まったまま

(サビ)
「今日休んでいいかな…?」
と言った午前中の自分を ほんの少しぶん殴りたくなって
大人になってもぼくは仮病をつづけてしまうのかな
不安で心配で心が本当に病んだ

カーテン越しに差し込む 夕暮れの光が
魔法溶かしてく

(サビ)
夜になって 熱の引いた 熱の入った演技して
母親の笑顔が胸に痛かった
小さく「ごめんね」と呟いたけど 気づかれなかった
素直ないい子になれたらいいな、いつか

仮病少年(仮) / シメサバツイスターズ feat. 初音ミク にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!