VOCALOG

先生と少女騒動-第二審-「被害者の日記」 / マイナス feat. 鏡音レン

先生と少女騒動-第二審-「被害者の日記」 / マイナス feat. 鏡音レン の歌詞

「もしもそれが真実なら
私、天国にいけないね。」

「君が望むならば今、
僕が連れていきましょう」

「先生、これはなんの授業?
・・・暗い。何も見えなくなった」

「怖がることはない。
僕はここにいる。」

嘘で覆われた自分に気づいてしまった
いつか楽になりたいな
私だけでも天使になりたい。

先生、私が見えてますか?
怯えてるの?・・・震えてるわ
肉体的な苦痛で魂を解放する理論で助けて
私の中の悪魔を出して
羽根が生えたら
キスしていいから

ママはいつも不機嫌なの
パパはお仕事で帰らない

それはそれは可哀そう
全部話してごらんよ

同級生(クラス)のコは私のこと
変ななあだ名で呼んでいるの

君のそのカルマを
鎮めてあげよう

眠れないとき、頭の中でいつも
生きる意味を問い続けてた
暗がりの中、ひとつの答えをみつけた
私はいつも独りだ。
誰かに必要とされたいの

誰でもよかった
先生、ごめんなさい

ほら、体なんて痣だらけで
疼いちゃって痛々しい
先生、みえていますか?
その瞳には私しか映らなくなる
なんて素敵なことなんでしょう

――悪魔が微笑んだ――

きがふれていく貴方をみて
安堵さえ感じたんです。
ぼろぼろになる体と裏腹に精神は満たされる
私の悪魔に魅入られた貴方には同情します。

さよなら、先生。

先生と少女騒動-第二審-「被害者の日記」 / マイナス feat. 鏡音レン にコメント

共依存だね

匿名

「先生と少女騒動-第二審-「被害者の日記」」が好きな人にはこんなボカロ曲もおすすめ

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!