VOCALOG

/ すこっぷ

光 / すこっぷの歌詞

大切にしていた夢を 部屋の隅に投げ出して
窓から見えるちっぽけな 空を見上げてた

「外は雨が冷たいから」 いつも僕は言い訳して
ひとりぼっちが好きなふり していたんだよ

ありふれたような事も 難しく考えてた
そんな時いつも 君がどんな事も
笑い飛ばしてくれた

僕ら小さな光を誰もが胸に抱えて生きているよ
抱えきれない悲しみで消え入りそうだけど
手と手繋いで互いを支え合ったら ほら光るよ
こんな僕でもきっと 誰かの笑顔作れる気がするから

窓を開けて耳すませば 通り雨の音 そよ風の声
気持ち次第でこんなにも 優しく聴こえるよ

見放されていた物を また強く抱きしめたら
気づいたよ 君が切ない時にも 微笑んでいた訳も

強い向かい風に吹かれ 目を背けたくなるけど顔を上げたら
想い描いていた未来図が 見えてくるよ
そして雨上がりの空に虹がかかったから歩き出そう
どんな明日が来るのかわからないから 逃げたい時もあるけど

どんな小さな願いも届かなそうな孤独な夜も来るけど
希望を見つけた僕は もう怖くないよ
だから君がそれに怯え 戸惑う時には 迷わないように
今度は僕がそっと 君の足下を照らす光になるよ

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!