VOCALOG

冬空メモリー / ゆちゃ

冬空メモリー / ゆちゃの歌詞

さよなら告げる 西の夕焼け 赤い信号 少し長く感じた
コートの中の 10円玉の 冷たさに触れ 確かめる体温

光が灯る 一人の町は 見慣れたはずで 眩しくて

真冬の空に 浮かべた吐息
今もどこかで 笑ってるのかな 悔しいな
一番星 月と並んで
温いコーヒー 口にするたび 
君を思い出すんだろうな 忘れたいけど

上着ごしで 少し寒い 部屋のあかりを つける
思い出してる 朝になって 受話器で痛む 耳の事とか

重ねてきた後悔も これでよかったと思えるかな

真冬の空に 浮かべた吐息
今もどこかで 笑ってるのかな 悔しいな
遠い町 見下ろす星も
きっと僕等の事など知らず 輝き続けるんだろう
小さな事さ 元気でね

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!