VOCALOG

冷たい雨 / このり feat. 初音ミク

冷たい雨 / このり feat. 初音ミク の歌詞

(見上げればいつも そこには大きな空・・・)
(大きくて・・・ そっちの都合で泣いたり笑ったり)
(自分勝手な空・・・)
(あなたの居場所は いつもそこにあるんだから いいじゃない・・・)
(ねぇ 私は どこに居ればいいの?)

夕立 息を急かす 錯落の音
湿った埃の香り
どうして泣いているの? 倨傲な空・・・
あなた いつもそこにいるじゃない
私はどこに居ればいいの?
新しい女性を抱く あの腕には戻れないの?

冷たい雨 もっと降れ
雨傘の中 あの腕の中
そこはずっと 私の居場所なのに・・・
冷たい雨 もっと降れ
白刃の雫 傘を引き裂き
二人の肌 熱を奪ってお願い
冷たい雨

どうせ今日も明日も 雨なんでしょう?
いつまで泣き続けるの
どうせなら私が泣いてあげましょう
情けないあなたの代わりに
雨が降る日の午後にいつも
二人だけの空間(世界)を作る あの傘さえ
許せない

冷たい雨 もっと降れ
雨傘の中 あの腕の中
取り戻して 私の居場所だけは
冷たい雨 もっと降れ
白刃の雫 二人を引き裂き
私の場所 私たちが居た日々を
取り戻して

私には居場所なんて無いんだ
それならもう
ぬくもりなんて要らない
この傘も要らない 私にはもう
泣いてなんかない 泣いてるんじゃなくて
涙じゃなくて これは雨でしょ?
この雨に溶けてしまおう
私の居場所は もうこの雨の中しか無いから
だから・・・ お願い

冷たい雨 もっと降って
白刃の雫 この身を梳いて
研ぎ流して あの日のぬくもりを
冷たい雨 もっと降って
あと少しだけ 強く打ち付けて
もうそろそろ 私 溶けて消えていくから
あともう少し・・・

(視界を飛び交う 死人色の針に射抜かれ)
(私はやがて 末端から神経を凍結される)
(爪先が消え 跪く)
(針を注がれた漏刻は決壊し)
(心悸は亢進し 加速する)
(なんだか私 風邪ひいちゃったみたい・・・)
(凛慄に侵されながらも 鼓動は熱を帯び抗う)
(四肢は崩れ 泣哭する大地が胸を打つ)
(僅かに熱を宿す頬が 地に触れ)
(私はその冷たさを 思い出してしまうの・・・)
(忘れたかったのに・・・ 大好きだったあなたの)
(冷たい腕)

冷たい雨 / このり feat. 初音ミク にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!