VOCALOG

君が君が / baker feat. 初音ミク

君が君が / baker feat. 初音ミク の歌詞

話さなきゃいけないか
そう思いながら季節は過ぎてた
望めばいつでも手に入るものだと
先の事ばかりを見ていた

急かすような周りの人の足音が
ただただ大きく聞こえた
そうして僕は見失って来た事

今気付いた

届かない気がしたんだ
君が君が君が透けて見えた
どこかですれ違ったままでいた
これで良いと思えた

焦らすような言葉突きつけ合っていた
幼い記憶辿った
どうして素直になれなかったんだ

走り出した

世界に取り残されて
僕は恐い思いしたくなかった
どうせ届くはずないよ
諦めた それで良いと逃げてた

まだ子供の頃 傷付けあってた記憶

届きそうな距離にずっと
当たり前の君がそこに居たのに
気付くのが遅かった 後悔と鈍い痛み
届かない気がしたんだ
君が君が君が透けて見えた
いつからすれ違ったままでいた
これで良いんだ

君が 君が 幸せなら

君が君が / baker feat. 初音ミク にコメント

「君が君が」が好きな人にはこんなボカロ曲もおすすめ

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!