VOCALOG

君の音が / 絵師じゃないKEI feat. 巡音ルカ

君の音が / 絵師じゃないKEI feat. 巡音ルカ の歌詞

時代遅れの電波塔が
突き刺す空は曇ったままで
晴れることはないような気がしていた

明けない夜が無いというなら
落ちない陽も無いということだと
理屈で期待を覆い隠してさ

バリケードのように構えた皮肉も
それは軽々と飛び越えてきた

降るかわからない雨に怯えて
傘を差して歩いてた僕は
宝石を散りばめたような
星空を見落としてきた
巡るめくるめく日々の彩りに
目を逸らしてた僕に届いた
君の音が響いたんだ
その日から傘はもう捨てたよ

声にならない言葉は増えて
伝えきれない気持ちは増えて
零れ落ちた感情は流れていく

蒸発して消えるだけだったそいつを
君のその両手が掬ってくれたんだ

来るかわからない終末の日よりも
君と生きる今日に意味があるよ
空席のまま忘れていた
心の奥 埋めてくもの
\"巡り会うため生まれた\"だなんて
言えるほど強くはないけど
君の音が響いたんだ
その日からすべて変わってくよ

遠回りしてきたけど
今この場所が僕の全てだから

降るかわからない雨なんかよりも
来るかわからない終末よりも
ただ信じたいものがあるよ
信じられるものがあるよ

遥か彼方霞んでた幻は
澄み渡り実像を結んだ
まだ手は届かなくたって
足は動く 鼓動は続く
巡るめくるめく日々の彩りに
もう二度と目を逸らさぬように
君の音が鳴り止まぬように

君の音が鳴り止まぬように

君の音が / 絵師じゃないKEI feat. 巡音ルカ にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!