VOCALOG

嘘吐きシンドローム / きの feat. 結月ゆかり

嘘吐きシンドローム / きの feat. 結月ゆかり の歌詞

あまり好きじゃない飴玉を飲み込んで
夢現を泳いで 青い夜におはよう
ひとりになりたくて、現実とかくれんぼ。
小さな嘘、重ねて 失くしていく色々

ねぇ、まだ夢なら聞かせて?キミの声を
ぼやけたモノクロ 映らないキミの色
「なんにもない」って、小さくこぼした。
ただ、退屈な朝に

人知れず泣いた ボクはまた嘘を吐く
誰も知らない涙と、ボクも知らない心に
控え目な愛で現実がとおせんぼ。
不安定な感傷 期限切れの思い出

ねぇ、まだ夢なら起こして?キミの声で
世界は嘘つき 夢でしょ?この日々も
どこにもないって、わかっているけど
また、憂鬱な朝へ

叶わない夢でした
構わないフリでした
気休めの自傷 痛いだけだね

キセキはいつも作り物で
絵空事で、役立たず。
戻らないの、あの夜は
それなら、もう・・・。

ねぇ、まだ夢なら聞こえる?ボクの声が
嘘でもなんでもいいから、聞いててね。
忘れていたけど 隠していたけど
愛していたけど ホントはね

「だいきらい。」

ねぇ、まだ夢なら聞かせて?キミの声を
ぼやけたモノクロ 映せないキミの色
こんなに素敵で退屈な世界
ほら、また朝だね

さよなら、嘘つき。いつかは忘れるから
さよなら、思い出。少しは残るかな
嘘吐きシンドローム これで終わりだね
褪せてくキミの夢は、もう見れないから。

全部、嘘だよ。嘘、だから・・・。

嘘吐きシンドローム / きの feat. 結月ゆかり にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!