VOCALOG

夏の終わり、恋の始まり / すこっぷ feat. Megpoid(GUMI)

夏の終わり、恋の始まり / すこっぷ feat. Megpoid(GUMI) の歌詞

色めき賑わうお祭り 勇気を出して誘ってみたんだ
慣れない浴衣のせいかな 顔が熱くなっちゃって
どうしよう

線香花火してるみたいな 張り詰めた時と緊張感で
はちきれそうなほど膨らんだ この想いが痛いんだ
すぐそこに触れられそうな 指先の距離がすごくもどかしくなって
どうしよう
あれからどれくらい あなたに近づくことが出来たかな
わからない
あなたの気持ちもわからないまま 時間だけ流れてって

花火上がって光って二人で見合って
「綺麗だね」って笑って その笑顔に焦がれて
恋する瞳に花火は彩って映って
つい願ってしまうの もっともっと近づきたいな。

うまく話せているのかな 楽しんでいるのかな
花火の合間の夜空の暗闇と静寂が
不安にさせて気になってしまうんだ
なんか泣きそうになって 言葉が詰まっちゃって
どうしよう
伝えられなくても このままでもいいと思ってしまうの
わかるよあなたはきっと
優しく笑っても困ってしまうのでしょう

最後の花火上がってあっけなく終わって
手を振る姿に 寂しくなって焦がれて
一緒にいると想いはどんどん募って
迷ったりしたけど やっぱやっぱ伝えたいな。

これまでの毎日はそれはそれはすごく楽しくって
でも気づくとこのままじゃ嫌になって痛くなって。
積もり積もった想い胸に
近づきたいんだ 触れてみたいんだ

不意に花火が上がって光って 「ちょっと待って!」
驚いた顔してあなたは振り返った
夏の終わり、ひとつの恋が動いた。
色んな想いをひとことに乗せて
今、伝えたいの。
ずっとずっと、好きでした。

あなたはやっぱり優しく笑って

夏の終わり、恋の始まり / すこっぷ feat. Megpoid(GUMI) にコメント

私は夏じゃなくて春でしたw

匿名

私の恋は夏の前に始まりました~w

匿名

オーマイゴンドラ

匿名

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!