VOCALOG

夕暮れ蝉日記 / まふまふ feat. IA

夕暮れ蝉日記 / まふまふ feat. IA の歌詞

蝉の声が聴こえますか?
夢を教えてくれますか?
だいたいどれも嘘つきなようで
君もどこかへ

虚ろ 虚ろ 転んでばっか
小さな器に溢れて
どこか 寂しげな 横顔も
「ただそれだけのこと」も
揺れる 涙にぬれていく

まわる まわる 君を囲んで
聞きなれた あの 鳴き声も
好きを くれた あの背中さえ
君だけを囲んで あざ笑う

続く 続く 環状線は
終わりも知らず 夢うつつ
あの日芽生えた 感情さえ
嘘だらけの日々に
消えていく

それの音が聞こえるたび
君をここから遠ざける
いつの間にかひとりきりにも
なれてしまったね

「人は一人じゃ生きられない」
「困ったときの友達」
浮足立つキレイゴトにも
「もう散々なんだよ」

ぽつり雨音が響く
「明日 私が 消えるのなら
君は 笑ってくれますか?」
こらえた涙があふれ出す
耳障りなほどに
無表情

鳴いて 鳴いて そのまま鳴いて
終わりに気づいて宙ぶらり
知らないはずの 感情でも
みじめな夕焼け 蝉日記

夕暮れの火 君を隠して
夕暮れの火 君を隠して

蝉よ

このままもっと 鳴き続けて
あの子が泣き止むまでずっと
みんな聴こえないフリをして
届かないものだと
あざ笑う

泣いて 泣いて 泣き疲れたら
そのまま落ちて ××××( おやすみ )
もう動かない抜け殻には
君と夢心地
蝉日記

夕暮れ蝉日記 / まふまふ feat. IA にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!