VOCALOG

幻想スターダスト / 投稿用 feat. Megpoid(GUMI)

幻想スターダスト / 投稿用 feat. Megpoid(GUMI) の歌詞

眩しい大空の上
気がつけばこの小さな部屋へ
青が満ちゆく木々と
光差すその綺麗な窓辺

青色のビー玉と赤色のレンズ
日光を通せばきらり
二つの色が創り出す歪み
交わる先には何もなくて

独り思い馳せる幻想の混ざる世界
そこに広がるのは罪と罠と絶望
僕らは巡る遠いあの地を目指して
未来へ進むよ今日も明日も毎日

既に夕陽は沈み
空を支配するは蒼い月
眠りについた木々と
光差すその眩しい海辺

金色の星と銀色の水面
月光が通ればきらり
沈んだ色が創り出す歪み
溶けゆく先には何もなくて

眼下に広がる空想の混ざる世界
そこから流れる夢と希望目標
時は流れる僕では抗えないよ
秒針は回るよ何度も何度も永遠に

白い幻想と黒い空想
虹色のベールで包み
全てが混ざり創られる歪み
きっと過去には戻れなくて

独り思い馳せる幻想の混ざる世界
そこに広がるのは罪と罠と絶望
僕らは巡る遠いあの地を目指して
未来へ進むよ今日も明日も毎日

時は流れる僕では抗えないよ
秒針は回るよ何度も何度も永遠に
孤独の海辺と独り佇む世界で
ゴンドラは進むよ空と月と星々
小さな小さな世界で

幻想スターダスト / 投稿用 feat. Megpoid(GUMI) にコメント

「幻想スターダスト」が好きな人にはこんなボカロ曲もおすすめ

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!