VOCALOG

彼女の漫画的日常 / MARUDARUMA feat. Megpoid(GUMI)

彼女の漫画的日常 / MARUDARUMA feat. Megpoid(GUMI) の歌詞

たばこが残り三本だ
暑さは過ぎて残り香だ
ドアを開けるの面倒だ
ゆらゆらゆらゆら沈んでいく

日が落ちるのが早いかなあ
たばこを買いに行かなくちゃ
どういうことか昼下がり
がたがたがたがた揺られていた

ああ 電車がつく頃に冷めてさ
そしてまた忘れ繰り返したのは
赤い夕焼け

漫画みたいなドラマチックな一日が
あったっていいと思うんだ
寂れた夜で踊りながら
口笛をならした
ベタで塗りつぶしたような空でも
ちょっと光っててほしいんだ
寂れた街も懐かしいな
今一人で

洗濯物は出しっぱだ
エアコン消すのも忘れた
それでもいいやと思うんだ
いらいらいらいらさせてごめん

変わった君に会えるかな
何度もわたった歩道橋
あまりにも人がたくさんだ
へらへらへらへら笑ってるよ

そして何かが変わるよって歌ったんだ
きっと何も変わらないけど
明日も今日もいつも通り
ふらふらしていても
少しだけ欠けてるって気づいても
きっとドラマにはならなくて
悲しくてもそれでも今日は

漫画みたいなドラマチックな一日が
無くたって笑ってれるんだ
いつかも今日もこれからもさ
ちゃんとわかっているもんさ
ベタで塗りつぶしたような空がさ
ちょっと泣き出しちゃったしさ
悪くない毎日に帰ろう
ほら二人で

彼女の漫画的日常 / MARUDARUMA feat. Megpoid(GUMI) にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!