VOCALOG

心臓デモクラシー / ミキト

心臓デモクラシー / ミキトの歌詞

哭いていた 唯 哭いていた
他人眼につかない 世界で
其して恥を知り 惨めになれば
全てが廻りだした

何常(いつ)もこの胸は 何かを満たそうと
散々なめに遭って 仕様がない

いっそ理性など 殺して仕舞おうか
虎視耽々 狙いを さだめ さだめて
何常もこの口は 誰かに迫ったり
散々なめに 遭わせているな

色づいた 山茶花の
血を舐め廻して
恨むような 其の視線に
向けて

哭いていた 唯 哭いていた
他人眼につかない 世界で
其して恥を知り 惨めになれば
全てが廻りだして ゆく

翳りゆく 堕天使の
背中を抱き寄せ
囁いた 耳の奥で
添っと

いかないで もう いかないで
いまよりもっと かしこくなるし
やさしくなるし つよくもなるし
じゃまなものは ころしてあげる

今 哭いていた 唯 哭いていた
他人眼につかない 世界で
其して恥を知り 惨めになれば
全てが 廻りだして

心臓は 一つになる

心臓デモクラシー / ミキトにコメント

いい歌!

匿名

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!