VOCALOG

恋愛疾患 / まだ仔

恋愛疾患 / まだ仔の歌詞

13:00丁度 いつものカフェで待ち合わせ
今日はどこに連れて行ってくれるのかしら
あなたが行く所ならどこまでも付いてくわ
少しだけ二人の距離が近づいた気がした

二人一緒に行った映画館 とても混んでいたのに
隣同士で座れてホントに良かったわ
ストーリーなんてこれっぽっちも覚えてない
だってずっとあなたの横顔ばかり見ていたから

無口で素っ気ない態度もちょっとカワイイな
さぁ、いつものお店で夕食にしましょう
一緒の帰り道 あなたの家の少し手前でバイバイ
そろそろ眠る時間かしら
おやすみなさい

キスをしたり抱き合ったり
そんな恋愛なんて要らないの
あなたの近くに居られるだけでいい
こっちを向いて名前を呼んで
それすらも私のわがままね
そう、だってあなたは未だ
私の顔すら知らないものね

13:00丁度 いつものカフェで待ち合わせ
だけど今日のあなたは一人じゃなかったわ
隣にいるその子は誰? 私の知らない人ね
渦巻いた胸の中 何かが弾けた気がした

はじめて見たわ あんなに楽しそうに
笑うあなたを見て唇かみ締める
激しく妬ける気持ち もう抑えきれない
そろそろ我慢の限界よ
いい加減にしてよね!

キスをしたり抱き合ったり
そんなことは絶対させないわ
あなたの近くに居る あの子が邪魔ね
忘れないで 必要のない女性(ひと)は
すぐにどこかに消えるでしょう
さあ、これであなたとわたし
遮るものは もうどこにもないわ

あぁ、こんなにもあなたのことを思っているのに
ねぇどうしてまだ振り向いてくれないの
送った手紙やメール 電話も全て無視ね
出てくれるまでコールするわ
何度も何度でも!

何も言わずに消えようなんて
本当にあなた、ひどい人ね
こんなにこんなに あぁ愛してるのに
それならいっそ、終わりにするわ
最後のピリオド打ってあげる
楽にしてあげるからもう動かないで
こっちを向いて名前を呼んで
私の秘密教えてあげるわ
そう、これであなたの中に
永遠に私を刻み込むのよ

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!