VOCALOG

悪鬼あざみうた / 遊 feat. Megpoid(GUMI)

悪鬼あざみうた / 遊 feat. Megpoid(GUMI) の歌詞

鬼の背 ヒトの面 想い合って 展望 感化
都(と)に 夢を 降ろせ
値を見て 襟正せ 棘(とげ)を切って 商談 鞍馬
荷に 蜜 揃わぬ日には 契機を待って

菜を摘み 針落とす 心買って 上楽 嫉妬
手に 爪 進まぬ日には ひねりを持って

此れは また野放しの糸か 幾度焦がれた折に
うつらうつら 道のなか いつまで 群れを見たまま
八つ、数え 思い思う くだり、くだる
間に、まに、転げ落ちて 今にも 賭けよう (藍の華)

いとしこいしともさ、夢物語
人に化けりゃ 呱呱(ここ) さっさと口説け
遂に飲み込んだ、ヒトを語れや
悪鬼(あっき)の角隠せ 永遠を願おうか

舌に嘘回せ 指の 鋏(はさみ)で 文字を入り 解(と)かす

地に葦(あし) 月離れ 想い売って 殿上(てんじょう) 落下
餌(え)に 痣(あざ) 帰らぬ日には後ろを向いて

此(こ)れは なれの縁(えにし)か櫛か 衣も汚れた鬼に
うつらうつら 飴のなか いつまで 騙されたまま
七(なな)、数え 思い思う はかり、はかる
間に、まに、溺れ落ちて ややにも 終わりを (朱の空)

いとしなぎかぜも、宵に酔いうらめし
あざみ祀(まつ)り夜、くつわゆわえや
人か畜生(ちくしょう)か、鳴きに割るまでと
さぁさ 鬼の門(かど)、火を点けて 散らすは夢か

現(うつつ)か、並べて 指を斬るなら放そうか いろはにつづれ

鬼さんこちらよ、てのなるほうへ
人を喰うやつは ここらでころせ
さあさ とったれよ 鬼の首ごとき
にんげんさまには ぞうさもない!

ひとにばけてもな、隠せてないぞ(笑)
あたまのソレは、ヒトにゃあないぜ
言い訳なんざ、聞いちゃいないよ
鬼なんだから、にがしゃあせんね

常世(とこよ)に 餞(はなむけ)
ちょっと通して くだしゃんせ
浮世に 盃(さかずき)
こわいながらも 通りゃんせ

いとしこいしともさ、夢物語
人がオニ成れど、彼奴(きゃつ)らは人で
さあさ喜べよ、祭れ囃(はや)せや
悪鬼(あっき)の角晒せ、勝ち鬨(どき)を上げようか

悪鬼あざみうた / 遊 feat. Megpoid(GUMI) にコメント

「悪鬼あざみうた」が好きな人にはこんなボカロ曲もおすすめ

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!