VOCALOG

或る詩謡い人形の記録『雪菫の少女』 / 青磁 feat. KAITO

或る詩謡い人形の記録『雪菫の少女』 / 青磁 feat. KAITO の歌詞

雪の降る国 名将と名を馳せた
若き一人の 少女の話

権力も財産も 彼女はいらないけど
戦場へ…
噂だけはとおくとおく広がり 武勲をしらぬものおらず
汚れ役も 全て知ってここにいる 罪をおって
望み一つただ彼女は愛する人のため
剣を…

(堕された 殺された 残された 愛された
乱された 赦された 聴かされた 物語)

たった一度の過ち 千の功績も意味はなく
抜け殻のような彼女は 意味無き言葉 問いかけた

「ねえ、ねえ。」と笑顔であらゆるものに話しかける
返事はないけれど彼女は問い続ける

静寂の牢屋の中
「気味が悪い。」と囁く看守達は
震える手で”魔女”の声を止めに行くだろう

(彼女はただ一人に愛されたくて
**重ねた)

「ねえ、ねえ。三日月、私の手汚れてる?」
「ねえ、ねえ。太陽、私の血は赤い色かしら?」

(裏切り 悲しみは 彼女の中で浄化されてゆくの
彼女は微笑み 愛する者の前で*んでゆく)

或る詩謡い人形の記録『雪菫の少女』 / 青磁 feat. KAITO にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!