VOCALOG

旅空に捧ぐ詩 / 顔面強打P feat. KAITO

旅空に捧ぐ詩 / 顔面強打P feat. KAITO の歌詞

昇り沈む太陽 やがて明ける夜も見送り歩く
空の嘆きも大地の嘆きも すべてをこの身に受けながら

天高く届くように 声を張り歌う故郷の調べ
道行く人に聞こえなくとも 同胞のもとに届くように

見知らぬ土地に手を振りまた次の地へ
終わりなき旅 帰る場所はもうないから

森を抜けて 山を越えて 谷を渡り まだ遠くへ
空をかける鳥のように 風のように自由気ままに

無邪気な笑い声と見守る眼差し 穏やかな午後
懐かしさに軋む鼓動は 時の向こうにおいてきた

失ったモノの数 数えても戻ることなどないと
知っているから 思い知ったから
ただ胸に抱き続けてる

今では遥か記憶の向こうの痛み
振りかえらずに進むと決めたあの瞬間

歩き続け歌い続け どれほど時が過ぎただろう
歩き続け歌い続け どれほど時を過ごすだろう

今でもなお目を閉じれば
愛おしい風景この胸を焦がす
捨てきれないこの未練を
弔いにかえて歌え

人が忘れ 時が忘れ 誰の耳に届かずとも
永久に歌い歩くことが 僕がここに在る理由だから

旅空に捧ぐ詩 / 顔面強打P feat. KAITO にコメント

「旅空に捧ぐ詩」が好きな人にはこんなボカロ曲もおすすめ

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!