VOCALOG

月明かりのステヱヂ / xxxxxxxxx feat. 巡音ルカ

月明かりのステヱヂ / xxxxxxxxx feat. 巡音ルカ の歌詞

月の明かりが照らす誰も居ないステヱヂで
青い薔薇の花を咥えた道化師が踊り出す
死神のワルツのよなステップで
目眩めくこの夜に相応しいリズムを刻め
歌声は ああ 儚く静寂の中に 溶けてゆく
観客は 満天の 金色に光る 星星
最高の部隊にしよう!
ララルララ ララルララ ララルララ
ララルララ ララルララ ララルララ

秘密の花園のは白百合の溜息で
窒息した黒猫が藻掻き花弁を散らす
黒尽くめの少年が招待するパーティの
会場は此方ですさあどうぞ
ディナーには ああ 遅すぎる 午前二時の 闇の中
絶望と 快楽に溺れた 羊たちの宴
最惡のジルバを踊れ!
ララルララ ララルララ ララルララ
ララルララ ララルララ ララルララ

喪に服したモノクロの綺麗なヒト
斎場は此方です・・・あらあなた嗤いました?
さよならの数だけ悲しみと優しさを手に入れた
迷わない このステヱヂで 演目を終えるまでは
「月明かりのステヱヂにて」
さようなら さようなら 今宵はもう 終幕です
ありがとう! ありがとう!
道化師は 廃棄処分です。
果てるまでアリアを歌え!
ララルララ ララルララ ララルララ
ララルララ ララルララ ララルララ
ララルララ ララルララ ララルララ

月明かりのステヱヂ / xxxxxxxxx feat. 巡音ルカ にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!