VOCALOG

有理数プラネット / サイオナP

有理数プラネット / サイオナPの歌詞

花を咲いて 裂いて 孔雀を惑わす 三次元の夢
夏と雪を混ぜる瞬きには 背理越しの轍(わだち)が沈む
這って 沿って 錯覚を生み出す 九次元の歌
赤く 赤く 星を染める ナブラの息 耳を塞いでった

勘違いばかり ツバを飲んでも
まだ 空 眩しすぎてさ
排気管 裸体 ゴミを掬って
もう 海 手遅れだろう

足りないのは i か それとも奇跡か

ほら 逆立ちして見上げる からっぽの地球に さよならバイバイ!
毒を抜いて もう一度 タラリラタッタ お菓子の国までどうだい?
古ぼけた宇宙船に もう 乗組員は残っちゃいないさ
音を抱いて もう一度 タラリラタッタ 歌え 願え 叫べ 踊れ 終わることなく

水に浮いて 憂いて 夜霧を牛耳る 有理数の群れ
昼と夜に爆ぜる煌めきには 権利故の楔(くさび)が映る
死んだような感覚が目覚める 虚数の色
蒼く 蒼く 星を染める スカラーの指 頬を撫でていった

理想論ばかり 嘘を撒いても
まだ 君 泣いたままでさ
換気扇 死体 蜘蛛を助けて
でも 僕 手遅れだろう

逢いたいのは神か それとも仏か

ほら UFO いっぱいの希望で 君を治すよ 痛いの飛んでけ!
殻を破いて もう一度 ブンチャカ ラッと 火星の裏までどうだい?
鬼も悪魔も吹き飛ばす 魔法の言葉だよ 悪いのとんでけ!
音を抱いて もう一度 ブンチャカ ラッと 歌え 願え 叫べ 踊れ アルルカン

導なき道の先には 映らない鏡があるのかな

ほら 逆立ちして見上げる からっぽの地球に さよならバイバイ!
毒を抜いて もう一度 タラリラタッタ お菓子の国までどうだい?
古ぼけた宇宙船に もう 乗組員は残っちゃいないさ
音を抱いて もう一度 タラリラタッタ 九月の夕暮れ みっけ。

ほら 逆立ちして見上げる からっぽの人間に さよならバイバイ!
毒を抜いて もう一度 タラリラタッタ 輪廻の外からどうぞ
古ぼけた宇宙船に いま 乗組員は僕と君だけだ
音を抱いて もう一度 タラリラタッタ さあ もう 終わらせちゃって!

有理数プラネット / サイオナPにコメント

「有理数プラネット」が好きな人にはこんなボカロ曲もおすすめ

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!