VOCALOG

某〇×△□より / saiB

某〇×△□より / saiBの歌詞

世界が九十度傾いて
溜息混じりの涙流して
夜空に浮かぶあなたの笑顔
その口元に笑い転げた

神様あなたはなぜ私に
嘘にまみれた明日をくれるの
深呼吸ただよう街の声
星空の目は私を哀れんだ

真っ白な壁を
眺めるだけの日々
思い出すあの日
飛行機雲

思えば私の人生なんて
とてもつまらないものでした
他人を傷つけることを恐れ
良い人になれても善い人にはなれず

首のない花瓶
あなたも寂しいの?
食べかけのりんご
消えてゆく

ノスタルジックに浸っては
夜空であなたの星を探すの
あの日もらった真っ黒の
中指を胸に抱きながら

世界が九十度傾いて
あなたは黒く染まっていって
私はこの真っ白な部屋で
ココロもゼロに戻ってしまった

誰か宛の手紙
折り目ついた写真
思い出したくない
あなたの顔

どうせこの世はバラ色で
私は一人夜空に願うの
この世界が終わるように
私のことを忘れますように

いつかあなたも大人になって
いろんな夢追いかけて潰して
そうやってこの愛おしき
世の中で肉片となるのでしょう

遠くで聞こえる電車の音も
どこかで聞こえる「ありがとう」の声
全部この腐り果てた
私のヌケガラに詰め込むから

某〇×△□より / saiBにコメント

この曲大好きです!聞くたびに涙が出てきます!ありがとうございます!!!

匿名

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!