VOCALOG

流星群 / かめりあ feat. 初音ミク

流星群 / かめりあ feat. 初音ミク の歌詞

流星群のように降りゆく

流星群のように落ちた

流星群のように降りゆく

流星群のように落ちた

コップの水に砂が落ちて 勾配(こうばい)が生まれる
浮かぶ水泡 沈む星 終わることのない降下

あの日空にはいくつものドットが描かれ
僕の目はそれを直線だと認識していたのだろう

流星群のように降りゆく 僕らの未来は
温度を上げ白く光り溶融(ようゆう)しつつも眩(くら)む
流星群のように落ちた 幾百の顆粒(かりゅう)が
屈折する風景揺らしガラスに沈む
流星群のように流れる 可能性の帯を
不確かに捕まえ放つ方向を曲げて
落ちて征(ゆ)くのは僕なのか 夜空を駆けた流星なのか
僕にも君にもわからない

汚れた液体が 僕の意識上から消え
代わりにあの日が 脳内に一瞬間で隙(げき)を産む

意識の遠くに誰かの声を憶えて
僅かな灯りが一部分の地面を切り取っていた

流星群のように降りゆく 僕らの未来は
温度を上げ白く光り溶融(ようゆう)しつつも眩(くら)む
流星群のように落ちた 幾百の顆粒(かりゅう)が
屈折する風景揺らしガラスに沈む
流星群のように流れる 可能性の帯を
不確かに捕まえ放つ方向を曲げて
落ちて征(ゆ)くのは僕なのか 夜空を駆けた流星なのか
僕にも君にもわからない

流星群のように降りゆく

流星群のように落ちた

流星群 / かめりあ feat. 初音ミク にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!