VOCALOG

真夜中と混線少年 / CapsLack feat. 初音ミク

真夜中と混線少年 / CapsLack feat. 初音ミク の歌詞

暮れる灯りの下で 僕はため息を吐いた
一飲み分の甘い水滴と
明るい月はなにやら言いがかりをつけていて
君は煩わしそうに、そっと目を閉じた。

暮れる灯りの下で 僕はため息を吐いた
一飲み分の甘い水滴と
明るい月はなにやら言いがかりをつけていて
君は煩わしそうに、そっと目を閉じた。

きっとまだ遅くないよな
くらやみの中には僕の姿さえ見えないが
もう少しこのままで居させてくれやしないか
口を開いてよ

拾え 捨てた瓶の中身なんてだれも見ちゃいない
世界はお前の事なんて大して気にかけてなどいない
ぬぐえ 今のうちに 帰るころには忘れてるぜ
きっと まだきっと 見つけ出せていないだけ

あのころの僕は足が遅いから
逃げる事にさえ逃げていた
足跡さえも残らない
なんて
退屈な奴だ
「死んでしまえ。」

拾え 捨てた瓶の中身なんてだれも見ちゃいない
世界はお前の事なんて大して気にかけてなどいない
ぬぐえ 今のうちに 帰るころには忘れてるぜ
きっと まだきっと 見つけ出せていないだけ

真夜中と混線少年 / CapsLack feat. 初音ミク にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!