VOCALOG

神巫詞 / 164

神巫詞 / 164の歌詞

巡り巡ってく私の中の感情が
1つ2つ意味もなく絶えず溢れて
口にすることがこんなに大変だって知らなかったんだ

愛想振り撒いて将来平和に暮らしたって
今日も明日もどこか何かが足りなくて
私の本当の胸の奥の小部屋には眠ったまま

過ぎて行く今日も君の声も
鍵を閉めたドアの中から叫ぶ愛の歌が
届けばいいのにな

揺れていた私の頬を伝うメッセージは
儚く落ちてった
ひとつだけ、神様願い事を聞いて欲しくて
空を見るよ

回る回ってく窓から見える風景が
1つ2つ私を置いてけぼりにして
目に見えるものがこんなに不確かだなんて思わなかった

消えて行く何故か胸が痛み
他に何も考えられない
君の言葉ずっと胸に刺さったままで

錆びついた私の喉を揺らすメッセージは
脆くも散っていった
ひとつだけ、神様どうすれば伝えられるの
教えて

空が濁ってゆく様に
胸が苦しいの

見たかった景色が私の目に映ったんだ
優しい風が吹いてく

揺れていた私の不器用なメッセージは
確かに届いていた
ひとつだけ、神様私の歌聞いて欲しくて
前を見るよ

神巫詞 / 164にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!