VOCALOG

空と鳥と天使の少女 / ma-kunkun feat. 初音ミク

空と鳥と天使の少女 / ma-kunkun feat. 初音ミク の歌詞

瞬きをする間にもう 夜は過ぎ去ってく
白い髪がなびいたら 静かに腰掛けた
鳥とともに舞うのは 人が込めた願い

鮮やかに煙る朝は 悲しみを癒すでしょう
数えきれない想いが 私の頬を撫でて
新しい道を繋ぐ

私には翼がない 空を飛ばないように
私には行き場がない 汚れに触れないように
世界の悲しみを 癒し紡ぐ天使

彼方を映した光 どこまでも続く空
果てしない時の上で 私は何を願う
この雲の上一人で

指先で鳴らす 独り言のような音
届くかな ここにいる 私はここに

何も映さない瞳 透き通るような肌
想いが照らす世界が 悲しみに満ちてても

羽ばたいた鳥の羽根に 喜びを放つのさ
それが私の幸せと 信じて目を閉じるよ
この空の上一人で 新しい道を繋ぐ

空と鳥と天使の少女 / ma-kunkun feat. 初音ミク にコメント

「空と鳥と天使の少女」が好きな人にはこんなボカロ曲もおすすめ

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!