VOCALOG

空閒⇔Formation / やいり feat. Megpoid(GUMI)

空閒⇔Formation / やいり feat. Megpoid(GUMI) の歌詞

■ とある特殊な少女の嘆き ■

私は作り出すことができるけど、
それらを利用する方法を知らない。

消費者が居なきゃ、作り出すものだって無意味で無価値なのに、
私は臆病でずるいから、部屋に閉じこもる。

そのくせ、誰かに存在を気付いて欲しくて、厚い壁の中で叫ぶ。
守ってくれる誰かを、利用してくれる誰かを、

ただ、待ってる。

知られること無い 秘密の場所なら
誰も彼も ハイになるのさ

傍に居たいのに 居られないのなら
今すぐ 殻に篭(こも)り 自分を守るのよ

揺れる 鼓動 正す 意味を
絶えず 日々を 奪うように
叫ぶ 声が 部屋に 響く
忘れられない

全ては ここから あふれ出すメロディ
世界が いつもより 白く 白くなって
今でも 心は 忘れてはいないよって
閉じ込めた 部屋さ

知られること無い 秘密を捨てたら
何もかもが 灰になるのさ

傍に居たいのが 愛の証でしょ?
今すぐ 殻を破り あたしを守ってよ

感じている

痛み 眩暈 動悸 吐き気
治す 薬 あげるのに
叫ぶ 声が 部屋に 響く
忘れられてるんじゃない?

統(す)べては 世界が 思い出すメモリー
涙が いつもより 黒く 黒くなって
今でも 心は 幸せが欲しいよって
閉じ込めた 部屋さ

感じている

如何(いか)に あたし 弱いのかを
治す 薬 無くなって
叫ぶ 声が 部屋に 響く
忘れられてるんじゃない?

全ては ここから 溢れてたメロディ
世界が いつもより シロク シロク ナッテ
今でも 心は 忘れてはいないよって
閉じ込めた 部屋さ

閉じ込めた 部屋さ

空閒⇔Formation / やいり feat. Megpoid(GUMI) にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!