VOCALOG

紅鳶捨猫録 / てにをは feat. 初音ミク

紅鳶捨猫録 / てにをは feat. 初音ミク の歌詞

ちょいと先刻ぶたれた傷の礼に
駆け出しゃ花街(かがい)は天気雨
「おやおやずぶ濡れ子猫だね」
粋な姐さんわたしを連れてった

――ららら ららら――

わたし三味線なんかになれやしません
「お前の器量じゃ無理だろうね」
はっきり言われてにゃあと泣いた
「あたしの横に座ってな」

迷路のようなこの街で
その手にしがみついていた

花柳(かりゅう)に灯り ぱっぱっぱ
あっちもこっちも ぱっぱっぱ
紅鳶色の羽織をただ追いかける
お座敷からちんとんしゃん
丁々発止でちんとんしゃん
男女折衷 見頃で御座います
「にゃーっ」

生憎猪鹿蝶なら飛んで行った
帰れる床などありゃしない
炊事 掃除 使い 稽古 日が沈む
相合々々々々傘の下 泪

ねえ烏や一曲お願いよ
袖を噛んじゃうようなやつ
コラッと叱られ屋根の上
雄蕊と雌蕊の喜劇

わたしの腫れもの触れないで
姐さん怒ると怖いから

花柳に灯り ぱっぱっぱ
あっちもこっちも ぱっぱっぱ
紅鳶色の羽織をただ追いかける
お座敷からちんとんしゃん
丁々発止でちんとんしゃん
男女折衷 見頃で御座います

是にて御仕舞(おしまい)

紅鳶捨猫録 / てにをは feat. 初音ミク にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!