VOCALOG

花宵時雨 / 箸休 feat. 初音ミク

花宵時雨 / 箸休 feat. 初音ミク の歌詞

まだ見えない刻の中
腫れた出会いがあった
だけどそれは
空っぽな花瓶みたいね
私が触れたアナタ
アナタが触れた私
肌に染み込む雨が
優しく痛い

二人声重ね揺れ
まるで夜光る影
濡れた道乾く時
視線合う魔法だよ
分かる?

流行の愛、キスだって
嫌いなわけじゃないよ
だけど捨てたガラクタに
紛れちゃったの
私が撫でたアナタ
アナタが撫でた私
久しぶりというより
初めての熱

二人声重ね揺れ
まるで夜光る影
濡れた道乾く時
視線合う魔法だよ

一人目を閉じていた
そしてただ
目眩に酔っていたよ
でもそれもまた
つなぎ合う魔法なの
分かる?

花宵時雨 / 箸休 feat. 初音ミク にコメント

「花宵時雨」が好きな人にはこんなボカロ曲もおすすめ

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!