VOCALOG

谺、碧海、那由多を見定むアグラフォノスの詩篇 / Neru ざうに feat. Megpoid(GUMI)

谺、碧海、那由多を見定むアグラフォノスの詩篇 / Neru ざうに feat. Megpoid(GUMI) の歌詞

開かれしは 御伽話
旅立ちをば 奏姫は告ぐ
遥か遠く 大海原に 童子は何想ふ

始まりしは 刻の運命
幾億年の 因果を超へ
炯眼に見ゆ 烏羽玉にぞ 物語は開く

….. … … …… …
… …… …… …. …..
…… .. …. ……..
響け 響け 響け
….. …… …….
… …… ….. …….
…… .. ……. ….. ….
響け 響け 響け

One who sets foot in the deep guardian woods, Etranger.
深き鎮守の杜に訪れたエトランジェ。
The wind singing through the pines, whispering to the child.
幼き風貌に囁くその松濤は歌姫の如し。
The god-sent howl that shakes even the vast land,
縹渺たる大地をも揺るがす天与の咆哮は、
crawled the blue sky, and sent an echoing roar of Life.
蒼穹を這い、生命の息吹を轟かせた。
Aglaophonos sings.
アグラフォノスは詠う。
Echoes dance on sin that\'s worn,
着做した咎に谺は舞い、
glimmering white crow soars the deep blue waters,
赫う白鴉は碧海を驀進し、
and dissect from the hundred million psalters.
那由多成る詩篇を見定める。
Now, unleash the power of the Chronicle on the possible world.
可能世界に解かれたクロニクルが今、幕を開けた。

閉ざされしは 大禍時
翻せば 浮世は夢
草木眠る 丑三つ時 童子は何を知る

紡がれしは 誓いの詩
竦む四肢を 風は翔ける
逝者へと 捧げられし 物語の調べ

….. … … …… …
… …… …… …. …..
…… .. …. ……..
響け 響け 響け
….. …… …….
… …… ….. …….
…… .. ……. ….. ….
響け 響け 響け

谺、碧海、那由多を見定むアグラフォノスの詩篇 / Neru ざうに feat. Megpoid(GUMI) にコメント

「谺、碧海、那由多を見定むアグラフォノスの詩篇」が好きな人にはこんなボカロ曲もおすすめ

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!