VOCALOG

鏡の国のアイス / hario

鏡の国のアイス / harioの歌詞

藍色 綿が絡む
見つめたら暗く溶けた
アイスを片手に
灯りは瞼の裏に

思い出しては気を休め 宥め 惜しがっては微笑んで
言葉の意味を探しては仰向け

鏡の国へ飛び込んだ

破りたいなあ 外側0.02
あんたの前で品評会を
お願いこっちにおいでや再度
きっと 出来ると

Monday Sunday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday どうぞ
深夜の三時は笑えるほどに 素面 抜け出してる

気付けば 日の差し色
見つめたら 血が巡った
アイスは溶けて消えた
微かに薫る残り香

廻る廻る一等星
もう変わる変わる偏狭性
言葉の意味を探しては俯け

鏡の国へ飛び込んだ

破り切んない 存外 心象 レイニー
アンテナ 張ったら 絡まる温度
お願いこっちにおいでや再度
きっと 出来ると

Monday Sunday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday どうぞ
正午の頃には笑えるほどに 強気 忘れている

息を吸って 吐いては吐いて
肺を満たして ハイを満たして

破り出したら そこから一大革命
歯車 お一つ 0.0円
お願いこっちにおいでや再度
きっと 出来ると

Monday Sunday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday どうぞ
夕方6時は笑えるほどに きっと 「いみじげなり」

鏡の国のアイス / harioにコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!