VOCALOG

雨傘とじて / ラムネP feat. 鏡音リン

雨傘とじて / ラムネP feat. 鏡音リン の歌詞

団地からの長い長い 遊歩道でつまづいたら
くるっと回ってみせ そのまま後ろ歩き
濡れ草の匂いの中で 軽くのせる鼻歌
道端のウインカーに リズムを合わせて

ファインダーのぞいても 構図に入らないもどかしさ
その花も空も入れたい

落ちる雫 ぴたりぴたりと弾け 梅雨の瞬きは
散らす光 雲間に集めている
僕の視線 ひらりひらりとかわし 飛び立つ下では
あじさいのモザイクが ぼかされてく

水たまりに映り ふいに 遠くを見たくなったら
土手へ抜ける道へと 軒並み切れるまで
窓飾る水玉伝い 明るさが増してゆく
人気のない路地裏 世界に一人きり

後ずさりして まだまだ視界は狭すぎて
手を下ろしたら気付いた

虹は低く すらり絵筆を引いて 景色に溶け込む
照らす光 戻ったコントラスト
僕の心 ゆらりゆらりと揺れて 厚い厚い雲
雨宿りの羽を広げていつか

落ちる雫 ぴたりぴたりと弾け 梅雨の瞬きは
散らす光 雲間に集めている
僕の視線 ひらりひらりとかわし 飛び立つ下では
あじさいのモザイクが ぼかされてく

雨傘とじて / ラムネP feat. 鏡音リン にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!