VOCALOG

零と壱 / ナノウ feat. 初音ミク

零と壱 / ナノウ feat. 初音ミク の歌詞

独りの部屋 灰色の街
窓の外は今日も冷たい雨
携帯電話に 浮かぶ文字列
それをただひたすら眺めてたの

テレビの中 誰かが言う
「アリノママ ソノママデイイノヨ」と
無責任過ぎて 笑えてくるわ
ありのままが一番難しいのに

一度で良いから 貴方のその手
握って歩きたいだけなのに

結局同じ事 繰り返すだけ
繋がるより先に電話を切った

あぁ零と壱以外何も無い
機械になってしまいたいの
張り裂けてしまいそうなこの気持ち
きっと上手く伝えられる筈よ

貴方が聞いたら 笑うでしょうか

友達から貸してもらった
貴方の写真を枕の下に
朝がやって来て すぐに飛び起きた
貴方の首を絞める夢だった

あぁ神様 もう白状します
「一度で良い」なんて真っ赤な嘘
もし願いが叶ってしまったら
きっと幾らでも求めてしまう

ねぇ 零と壱のその間には
数え切れない想いがあるの
でも まだ言えないまま日が暮れる
これが私の日々
ホラ 笑ってよ

笑ってくれなきゃ
泣いてやるわ

零と壱 / ナノウ feat. 初音ミク にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!