VOCALOG

13’s MeMory / saiB

13’s MeMory / saiBの歌詞

数え切れないほどの世界の
その中のひとつが消えただけ
そんなの僕には日常で
死んだような目をこする僕がいる

僕は黒い翼はためかせ
腐臭に鼻をつまむことなく
とても機械的なその作業は
僕の存在の意義であった

空に浮かんだ
君の記憶の欠片
光を放ち
雨となり降り注ぐ

冷たくない雪に覆われた
君の体がとても冷たくて
悲しみを知らないぼくの頬が
汗か涙なのか濡れていた

君の笑顔を見たこともなく
君の泣き顔も知らなくて
ただただ潰れて穴の開いた
君の顔を眺めてるだけ

いつだって
他人の頭蓋の
上に花咲かせ喜んで喜んで

君だって
同じようなもんさ
他人の顔踏み付けて生きてた

さよなら君は
とても「キレイ」な人でした
「明日」なんて虚像に
惑わされた哀れな人形

13’s MeMory / saiBにコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!