VOCALOG

anonymous / 鈴木貴之

anonymous / 鈴木貴之の歌詞

*あの時ダンスフロアは
思想も理由も飲み込んでしまったの
あの日に会えたのは
偶然じゃないと思っていたいのに あぁ

僕は何でここに立ってるかなんて
笑ったり泣いたり 人らしく生きていたい
至って普通よね

愛のセンテンスなんか分からないけど
喋ったり触ったり 人並に生きてみたい
ただのエゴイズム

降下 想像して 上昇 ゆらゆら
偶像崇拝して 簡単じゃないぜ

あぁ あの時ダンスフロアは
思想も理由も飲み込んでしまったの
あの日に会えたのは
偶然じゃないと思っていたいのに あぁ

都会は結構肌に合ってるなんて気取ったり
また一人になって正解を探す
居場所がない

きっと明日世界は変わる
その可能性も否めないだろう
そこに何かを期待して また生きてしまうのね

飽和状態で 拮抗 ふらふら
全部精算するくらいの一瞬が見えた

*

あの時ダンスフロアは

あの時ダンスフロアは

*
*

アノニマスのストーリーは
孤独も無常も飲み込んでくれたの
あの日に会えたのは
偶然じゃないと思っていたいの

愛おしい

anonymous / 鈴木貴之にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!