VOCALOG

ARROWz / LIQ

ARROWz / LIQの歌詞

溢れた言葉よ鮮やかに今
荒れ果てた地に咲く二人の花となれ

躊躇(ためら)うことなく歩いた 暗闇の中
戻らない時計の針に どうか涙流さないで

過ぎ去る季節の中で見た夢も
約束をした未来の想い出も
一人で目を閉じてしまえば
色褪せて行く

溢れた言葉を拾い集めて
その瞳(め)に溺れていられるなら
もう二度と目覚めることない夢と
薄れゆく君の名前と眠らせて

見上げていた空の色が 思い出せない
終わりを選んだこの手は 一人なんかじゃなかった

数え切れない心の傷跡も
すれ違う度に流した涙も
手を離さなければどれでも
受け入れられる

こんなに側に居た筈の君が
悲しいほど冷たく美しく
もう二度と帰れない変えられない
せめて君に永遠の唄を歌うよ

溢れた言葉よ鮮やかに今
荒れ果てた地に咲く花となれ
もう二度と離さない触れさせない
きっと此処でまた出逢える日が来るから

ARROWz / LIQにコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!