VOCALOG

DIARRHEA / 鬱P

DIARRHEA / 鬱Pの歌詞

嘘で塗り固めた土台 脆く崩れてく存在
やがて進んでく時代 瞬く間に大崩壊
無難な道だけ避けたい 輝いてる表舞台
あそこの光を浴びたい 叶えたい、無理な願い?

遠い光 蒼く輝き
近づきたくて 無理した
積もる倦怠感 湧いた焦燥感
けして消えぬ 憂いの闇

何事も 不自由無く 生きてるよに 見えてるけど 隠してる
知りすぎた この現実に 急かされてる 歪んだエンジン

干乾びた 未来だけ 残された僕を
瑞々しい 貴方には 分からないでしょう
夥しい 数の憂い 押し寄せる\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\”時\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\”よ
徐々に道 閉ざしてく 濁流に耐える
その先に光は無いのに

綺麗な目して 希望を語る
貴方を見て 苛立った
強くなれず 無い物欲す
虚しく生きた その代償さ 

それなのに 否応無く 続いてゆく 冷めた気持ち 滾らせて
失った 時を探し 無駄骨折る 哀れな脳

黒い雨 岩雪崩れ 潰された希望
包むのは ブルーじゃなく 赤い血のカーテン
狂ったのは 僕じゃない 息が詰まりそう
光浴び 突き進む 背中が眩しい
ちょっとやそっとじゃ追いつけないよ

SHIT! 醜い嫉妬の渦 折り重なる感情論
SHIT! 事実上の詰みゲーム 悪を倒せず負かされる
SHIT! 鬱屈したこの心 癒せるのは自分のみ
SHIT! 行くアテなく彷徨って 迷い疲れてここへと
限界値は既に突破した 僕キャパから溢れ出している
僕を襲う苦痛の正体 焦りというダイアリア

静寂を 切り裂いた 絶望の時雨
禍々しい この想い 捨ててしまえばいい
夥しい 数の憂い 押し寄せた\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\”時\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\”に
流されず 今のまま ゆっくり歩いてりゃ
長い長い夜もいつかは 
少しずつ明けてゆくんだろう

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!