VOCALOG

Dr.リアリスト / cosMo feat. がくっぽいど

Dr.リアリスト / cosMo feat. がくっぽいど の歌詞

「『 幻想(シアタ)』に満足する臆病な子豚たちよ 君たちは『真実』に興味はないかね?」

――退し行く人類は知った

「『 肉体(からだ)』 動かす『 燃料(かて)』が在れば 『生』謳えると信じた
しかしながら『 火種(きぼう)』無くして 『 精神(こころ)』の火は灯せない

灯(あかり)を失った『 精神(こころ)』は 死神に恋をする
絶望遠ざけるために 穏やかな『 幻想(うそ)』が必要だった」

――滅び行く人類は考えた

「大事な『 記憶(こころ)』 『 願い星(ステラ)』に預け
『 幻想(うそ)』に逃げるシステムを」

「街の秘密については、いずれ私の娘達から聞くことになるだろう
ここから先は、私の『 見解(はなし)』を聞いてもらおうか」

かつて科学という『 真理(せかい)』の探求をする装置があった
かつて歴史という『 真理(せかい)』に近づく試行錯誤があった

—優しい『 幻想(うそ)』に抱かれた この『 劇場(まち)』を どうしても好きになれない—

『 法則(かみ)』を手懐け 『 終焉(けつまつ)』を書き換える武器であった それを
『 妄想(うそ)』 作るために 拝借するなんて それは

先人への冒涜ではないかね?

『 事実(それ)』は耐え難き辛苦で 忘却すべき忌まわしき過去なのだろうか?
『 現実(やみ)』に背を向け『 幻想劇場(シアタ)』に縋る 堕ちた哀れな民よ

己を封して得られる安穏 それは偽りの幸福と知れ!
立ち向かいなさいお嬢さん 幼子のごとく耳目ふさぐのをやめて

<<真実に向かえ!>>
<<劇場は幻影>>
<<摂理に向かえ!>>
<<劇場は『消失へ至る鏡』>>

『 事実(それ)』は耐え難き辛苦で 忘却すべき忌まわしき過去なのだろうか?
『 現実(やみ)』を恐れて『 幻想劇場(シアタ)』に逃げて 誇り捨てた民よ

健気に真実と闘う 若きの姿のなんと美しきことか!!

立ち向かいなさい少年よ 無気力にすべてを諦観するのは 終わりにしないか!!

人類のための幸福とは何か!?
すべての救済という理想論なのか!?

0の終末に100の愚を 犠(にえ)し
1の希望に変える事ではないか!?

「冷酷」などではない それは純粋な好奇心

夢幻に閉ざした『 脚本(ジオラマ)』ではなく
無限に広がる『 可能性(パノラマ)』が見たいだけなのだ

偉大なる科学は証明する 真実の探求こそ正義だと
解(ほつ)れなき歴史は証明する 力無き正しさに価値はないと

「君たちが生きているだけで 『 未来(かて)』は消費される
それを何も生まない『 妄想(うそ)』に投ずるなんて

全く 愚かで馬鹿げた行為ではないかね?」

忌むべき過去も残酷な 現在(いま)も 決して無価値なものではない
『 事実(ひかり)』を知らず 『 楽園(シアタ)』で眠る 無知で無垢なる者たちよ

この瞬間の真実に向かったものだけが 『 未知(やみ)』に隠れた『 希望(ステラ)』と出会う
立ち向かいなさい 誇り高き 人類(ヒト)よ!
過酷なる『 物語(いま)』受け止めて!!

『 事実(それ)』はどうしようもないほどの破滅に向かう 無慈悲な未来なのだろうか?
『 現実(やみ)』に怯えて『 棺桶(シアタ)』に篭り 最期待つだけの民よ

鼓動も情動も共にあり 未だ『 生命(きせき)』を営む君たちが
歩み止めるには早すぎる 私が未来生み出すチャンス与えよう

君が望まぬとも!!

おやおや、また一人壊れてしまった
『 真実(せかい)』を受け止めるには器が小さすぎたようだね
まあいい、『 未知領域(みらい)』の開拓には犠牲は付き物さ
おっと、そろそろ行かなければ
次の『 挑戦者(はいゆう)』が、舞台の上で待ちかねている

Dr.リアリスト / cosMo feat. がくっぽいど にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!