VOCALOG

end tree / 164 feat. Megpoid(GUMI)

end tree / 164 feat. Megpoid(GUMI) の歌詞

繋いだ手が離れたら
また一人になるのでしょうか
君を指でなぞっても
温もりはもう残って無いのでしょうか

君が綴った言葉が
差し込んだ陽に照らされて
返す宛ても無いまま
僕は手に取ってそっと目を運んだ

まだ溢れているんだ
涙が、後悔が、僕を呼ぶ声が

朝焼け色に染まった二人の姿が
このままどうか変わらぬように
今はこの歌が君まで届くなら
魔法よ解けないでいて

ねえ、話をしようか
僕らの未来の行く先のどこかへ
答えて 今ここで声を聞かせて
痛みを堪えて歩く自信など無いんだ

けど、もう行きたいんだね
気付かなくてごめんね
ただあと少し傍に居させて

今はこの歌が君まで届くなら
ちゃんと聞いて

朝焼け色に染まった二人の姿が
このままどうか変わらぬように
一番綺麗な思い出になるように
安らかにおやすみ

end tree / 164 feat. Megpoid(GUMI) にコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!