VOCALOG

Floating Shelter / ピノキオP

Floating Shelter / ピノキオPの歌詞

部屋の壁に理想 描いて 折れたクレヨンの匂い嗅いだ
漫画で作った秘密基地で Ifの世界を夢見ていた
アラームセット忘れちゃって 朝も夜もふざけあって
文字と記号の掃溜めから 他者承認を望んだり

そして
のんびりしてて1年目 石から落ちて3年目
無感動の影がじわりじわり
太陽も月も消えたこの部屋で 立ち止まって
真っ白な顔 引きつって
悔しくて 変なダンスを踊る

ゴミとユーモア 寄せ鍋にして 現実に立ち向かおうとした
あんまりなジョークもちゃんと食べて
ギリギリの笑みをたたえていた
鳴らない電話 知らない隣人 いかれた勧誘 ジャージの天使
みんなの心を覗きたいな でも 私の心は覗かせないのだ

よくある話ね

不安を越えて6年目 後に引けずに10年目
突き刺さるは 光陰矢の如し
憧れも星も消えた部屋のドアが開かなくなって
馬鹿みたいって吹き出して
押入れのクレヨンを ライターで燃やす

一筋の期待は 黄昏の闇に溶け
水増しの虚飾に染まる
息苦しくなって 顔を手で覆い 寝そべると
時間はうざがって さらに加速

知ったことかよ
なすがままに50年目 行き着く果ては100年目
最初の気持ちを忘れた頃に
太陽も月も消えた部屋のドアが 急に開いて
その向こう 再び逢った
昔 理想を描いた あなたは どんな顔してる?

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!