VOCALOG

HERE / KEI

HERE / KEIの歌詞

「どこでもない」という場所 探し続けてく海路上
小さい舟は今も進む

蒔いた種が花をつける まるでおとぎ話だと
白痴と笑われてもいいさ

笑ってたことも泣いていたことも照らすまんまるお月様
暗闇と繋いでいた腕も解いてみようと思えた

ずっと吐いてた嘘がある 「望まれず望みもしない」と
こんな僕の強がりを吹き飛ばしてしまう唯一のもの
気づいたんだ 望んでた存在 それはここにいる君だ

借り物レースなんかじゃ手に入らない物がある
宝の地図を広げていたい

単純で退屈な僕らの壮大で大切な意味
落書きだって言われてもいい 何度も描こうと思えた

知った風な出まかせで言う 「誰も分かり合えやしない」と
こんな僕が信じてみようと思えた唯一のもの
待っていたんだ 求めてた存在 それはここにいる君だ

君だけのためのセリフも上手く口にできないまま
けど 空しいほど優しい街の隅から歌うよ

ずっと吐いてた嘘がある 「望まれず望みもしない」と
こんな僕の強がりを吹き飛ばしてしまう唯一のもの
気づいたんだ 望んでた存在 それは

知った風な出まかせで言う 「誰も分かり合えやしない」と
こんな僕が信じてみようと思えた唯一のもの
待っていたんだ 求めてた存在 それは

ここにいる君だ

HERE / KEIにコメント

ボカログ存続のために力を貸してください!

これからもボカログを運営していくため、この一度だけでもぜひボカログのご紹介をお願いします!